【遊戯王ARC-V】アニメ遊戯王アークファイブ第87話 野獣の記憶 感想

スポンサードリンク


yugioh.mp4_000232774

今回も遊戯王の記事を書いていこうと思います。

今回のお話を極めて端的に説明しますと、

遊矢はクロウとのデュエルを抜け出して仲間を助ける約束をクロウ本人とした。

ただ長官がヘルメットに頭がおかしくなる装置を仕込んだため、覇王化した。

ついでにそっくりさんたちも暴れだした。

こんな感じです。

ではあらすじを見ていきましょう。

yugioh.mp4_000342483

激オコになった長官は零児のところにセル=ゲイを送り込みます。

yugioh.mp4_000313538

セルゲイは当然変態のように暴れまわるでしょう。

市民にばれないようにするためには市民の気を引きつけておかないとですね。

 

yugioh.mp4_000319867

遊矢はデュエルをそっちのけにして逃げるかもしれませんし、

シンクロ次元の市民たちはバイオレンスなものがだーいすき。

長官は次期キングダムの王様として、市民にファンサービスをお届けします。

遊矢のヘルメットに頭がおかしくなる機械を仕込んでおきました。

yugioh.mp4_000267173

セキュリティーに遊矢が捕まってると思っていた素良は遊矢のデュエルが始まってしまい困惑してしまいます。

何かあったあのだろうと思った素良は確認しに行きます。

ですが、セキュリティーと会場では距離がありますね。

yugioh.mp4_000505867

大丈夫。

yugioh.mp4_000509673

デュエルマッスルを使います。

yugioh.mp4_000511626

もしかしてデュエリストは薬でもやっているのでしょうか?

yugioh.mp4_000366873

何も知らない遊矢とクロウは、黒崎のデュエルが切り口となり和解します。

yugioh.mp4_000438936

そして、遊矢はデュエルは今回は抜け出す形にして仲間を助けに行く約束をします。

yugioh.mp4_000537099

こうして二人のデュエルが始まります。

yugioh.mp4_000562481

クロウはブラスト召喚、伏せ1枚でターンを渡します。

いかにもって感じですね

yugioh.mp4_000613848

「レディース、アンド、ジェントルメーン!! 」

これがモンキーボードを生み出したやつのセリフです。(私怨)

勝ちそうになったりしたら皆も使いましょうね。

yugioh.mp4_000637248

超カバー・カーニバル

手札からEMディスカバー・ヒッポを特殊召喚し、自分の場すべてにカバトークンを作ります。

yugioh.mp4_000643764

久々の登場。

yugioh.mp4_000663419

ジャックポッドで使えるかもしれないですね。

yugioh.mp4_000687984

司会者さんは喜んでます。

yugioh.mp4_000694397

便乗してクロウもトークンを出して盛り上げに来ます。

BFフェスティバル

自分の場にBFが存在し、相手がモンスターを特殊召喚したとき、トークンを3体作ります。

yugioh.mp4_000710949

にぎやかになりますたね。

yugioh.mp4_000722747

まじめにやりなさいと2人に司会者さんはオコです。

え・・・カバはよくてカラスはダメなんですか??

yugioh.mp4_000754861

オートパイロットはバイクは縛りますが乗っている人間は縛りません。

議事堂の近くにさしかかったとき、クロウは遊矢にバイクから飛ぶように言います。

yugioh.mp4_000760974

そこで、長官が機械を起動させます。

yugioh.mp4_000767039

yugioh.mp4_000767311

yugioh.mp4_000797523

長官曰く、脳のとある場所に電流を流すと人間は獣の用に狂暴になるみたいです。

yugioh.mp4_000769327

yugioh.mp4_000788164

長官は満足そうです。

でももうちょっと刺激が足りませんよね。

yugioh.mp4_000809964

もうちょっと出力をあげてみましょう。

yugioh.mp4_000809346

yugioh.mp4_000818096

おお、きいてるきいてる。さすが長官。

yugioh.mp4_000872603

yugioh.mp4_000874625

2人は遊矢の変化に気づいた様子。

yugioh.mp4_000894904

yugioh.mp4_000930783

2人も気づきます。

柚子シリーズと遊矢シリーズは何か関係があるみたいです。

yugioh.mp4_000863675

もっといってみましょう。

yugioh.mp4_000866383

yugioh.mp4_000947747

ついでに顔芸。

yugioh.mp4_000956601

狂暴になった遊矢は案の定、覇王化します。

yugioh.mp4_000951046

yugioh.mp4_000953087

なぜかこの二人も街中で覇王化します。

連動していますね。

yugioh.mp4_000962588

覇王化した遊矢はカバをすべて処分して2枚ドローします。

カタストロフドロー

自分の場のモンスター5体を破壊して2枚ドローです。

yugioh.mp4_000968372

ナムアミダブツ

yugioh.mp4_000974427

yugioh.mp4_000976166

2人もドロー。

ここまで連動してるんですかw

yugioh.mp4_000980084

いつもの相剋相乗でスケールセットしてオッドアイズを呼びます。

ついでに相乗のアニメ効果でブラストのレベルを5にしてオッドアイズでのダメージを増やします。

yugioh.mp4_000998592

yugioh.mp4_001001848

yugioh.mp4_001005700

連動(ry

これって、長官がユウリを倒すためには遊矢を使えば解決しそうですね。

よし、洗脳しましょ。

yugioh.mp4_000836852

約束と事が違い、裏切られたと思ったクロウは怒りの反撃をします。

yugioh.mp4_001134155

yugioh.mp4_001144386

懐かしのブラックフェザー2体でライキリを呼びます。

yugioh.mp4_001165132

トークンもいるので、アニメ効果で自身をカウントして4枚破壊します。

そして2枚伏せてエンドです。

yugioh.mp4_001244392

返しのターン、遊矢はぶっ壊れカードを発動します。

アメイジング・ペンデュラム

自分の場にスケールがないとき、エクストラからペンデュラムカードを2枚回収。

ん??それ眼差ししてから打てばエライことに・・・

yugioh.mp4_001254769

この2枚を回収です。

なんでこの主人公は地上に出るとぶっ壊れカードばかり生み出すのでしょうか。

もう地下で労働してたほうがよいのでは・・・

yugioh.mp4_001280618

ペンデュラム召喚でまた帰ってきました。

yugioh.mp4_001286828

一緒にEMロングフォーン・ブルもやってきます。

効果はP召喚成功時、デッキから1000以下の攻撃力のEMをサーチします。

モンキーボード…。

yugioh.mp4_001293705

今回はアメンボードをサーチします。

そのまま召喚して、ロングフォーンブルとダベリオンにつなげます。

yugioh.mp4_001319248

yugioh.mp4_001326005

いつもの。

yugioh.mp4_001335944

 

今回はここまでになります。

ここからはあくまで独り言になってしまいます。

P召喚は本来手札を2枚失う行動でした。

最初に出てきたPモンスターはスケールの効果は使えなくはなかったものだったり、優秀だったりはしました。

ですが、アドバンテージを取る能力に直結しないものが多かったです。カードはどんどん減って行ってしまいます。

そこで出てきたのが、クリフォートツールです。

クリフォートツールになってしまうととても強く。

クリフォートが妥協召喚できたり、虚無スキドレと相性が良かったりで環境にまで登ってきました。

(クリフォートに至っては別にペンデュラムしないでも勝てちゃいましたが)

要するにペンデュラムはサポートなしでは成立しづらく、ツールのレベルまで行ったら強すぎるかどうかのレベルになってしまう。

しかしながらツールなしでは成立しづらかったのです。

つまりはサーチは必須になってしまうのです。

スケールに2枚持ってかれるのですから、2枚ほどどこからか持ってこなければなりません。

その結果、もりもりサーチするマジェスペクターやEMなどが生まれてしまってます。

EMemに至っては、別にペンデュラムしなくても勝ててしまうのです。

個人的には、ツールの劣化だったりダイナミストのレベルでペンデュラムはある程度できると思うのです。

場にモンスターを展開できる手段が増えるだけで十分面白いとおもうのです。

それをするためにあれこれ考えてデッキを作るのはとても面白いと思うのです。

もうインフレは後戻りできないレベルまで来てますが、ちょっと緩やかになればいいなぁと思っております。

以上モンキーボードに役割をほとんど奪われたアブダクター使用者の感想でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


カテゴリー最新記事

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。