子供によるスマホゲームの高額決済問題の今後について

スポンサードリンク


近頃問題になっている子供によるゲームの高額決済問題について書こうかと思います。

この記事を書こうと思ったきっかけになった記事は、ガンホーさんのサイトをたまたま見たからです。

STOP!子供によるゲームの高額決済(外部リンク)

ガラスの仮面は知らないですが、コンテンツの動画がかなり面白かったですw

私も中学生の頃某ネットゲームにおよそ100万円近くお金を入れていました。

(大半はRMTで回収した部分もあるのですが)良い子のみんなはRMTダメ絶対。

この問題昔からある問題で、ネットゲーム依存症として取り上げられていました。ちなみに私はオムツァーになるほどゲーム依存していました。

話はそれましたが、この動画での主張はズバリ「親が子供のやっていることに興味を持とう」という所です。

私はそれだけでは根本的な問題の解決にならないと考えています。

なぜなら私は親に何度となく注意を受けてもこの行為を続けていました。

理由としては親のお金という親以外に誰にも迷惑にならないお金というリソースを使って、ゲームをより楽しめるのであればノーリスクハイリターンだと考えてしまっていたからだと思います。

たとえ話ですが、窃盗して手に入れたお金を使ってゲームにつぎ込むという方法と、親のお金を勝手に使用してゲームにお金をつぎ込むのであったら間違いなく後者を選択すると思います。

(少なくとも働いたことのない子供であればお金を手に入れるという事の難しさは理解できないと思います。)

さて、ここで子供に「勝手にお金を使うのはやめろ!」と言ったところで考え方がそもそも違う為、更生する余地はないのです。

ではどうやってこんな屑な私が更生したかと言うと、私を取り巻く環境を否定して変えたという事です。

ゲームを楽しむために親の金を使っているという事を公にしたことで友達から親の金を使ってゲームをしている屑人間だと認識させることで

金を使ってゲームをすると楽しめるという環境が、金を使えば使うほど周囲の目が冷めるという環境に変化したのです。

親として知らなければいけないことは子供が課金をすることによってどういう環境を構築しているのか、そのギミックを知ることが一番大事だと感じます。

そうして後に戦略を立てて、お金を使わせない環境をどのようにすれば作れるのか。それを実行するだけで子供は自ずとそういった課金をやめて行くでしょう。

こういったゲームに対する取り組みを企業側からするっていうのはいい傾向だなと思います。

最後に一言。

ボトラーよりはオムツァーの方がマシ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


カテゴリー最新記事

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。