【CHAOS;CHILD】Steins;Gate CHAOS;HEADと比較したCHAOS;CHILDの良さについて

スポンサードリンク


ここ2日間更新がおざなりになってしまってすいません。

理由としては妄想科学ADVシリーズのCHAOS;CHILDのVita版を買って熱中していたからです。

公式サイトはこちら

chaos;child

 

一々ソフト買うのがめんどくさい勢なのでDL版をポチってやりました。

tokuten_amazon_large引用元

うきちゃんの限定版買えば良かったと激しく後悔。

さて、このCHAOS;CHILDですが、ネタバレを書かないようにノベルゲームとしての面白さを伝えられたらなーと思います。

(こんな記事読むより買ってプレイしてほしいってのが素直な感想ですが・・・)

一応Steins;GateやCHAOS;HEADについてはある程度知ってるものとして書こうと思います。

(ロボティクスノーツは残念ながら私はやってないので比較できないです。)

CHAOS;HEADとの比較

妄想科学ADVの第1弾としてでたこのゲームですが、カオスチャイルドと比較して

無印版はキャラクターを掘り下げた話があまりなかった点と、

取り上げる話の題材が広すぎたという点が良くなかったのかなと思う。

CHAOS;CHILDはかなり扱っている話題の幅は狭い。が、その分深く話ができていると思う。

また、キャラクター個々のシナリオがメインのシナリオとしっかりと連動している部分もあり、CHAOS;HEADと比較したら間違いなく面白いと断言したい。

ただ、CHAOS;HEADは妄想科学ADVの第1弾としては”厨二病”,”妄想を主軸に置く”という部分は画一した作品として評価したいと思う。

Steins;Gateとの比較

妄想科学ADVの第2弾で出たこの作品は妄想部分を排除して大幅に厨二病に寄せたなーというのが個人的な感想。

扱っている題材も”タイムリープした時に起こるパラドックス“という誰にでもわかる題材がこのゲームが持ち上げられている理由だと思う。

鈴羽√とTrue以外のルートは正直おまけ感が強いと感じる。が、それも全て終わりよければ全て良しという形に収まったと思う。

第1弾と比べて、世界観を理解するための推理という要素があまりないのが残念。

ただ、作りが非常に丁寧というのがこのゲームのいいところだと思う。

CHAOS;CHILDはSteins;Gateと違い、個々のキャラ√の立ち位置がメインのシナリオを深堀りをより強くしていると感じている。

(まぁ一部関係の薄いものもあるが・・・)

総評として一般的なノベルゲームとしてSteins;Gateを超えたか?と言うとNoだと思うが

妄想科学ADVという題材としてのノベルゲームとして見るなら間違いなくSteins;Gateを超えたと断言したい。

CHAOS;CHILD単体のゲームとしての良さ

私がこのゲームの素晴らしいところを1つ上げるとするなら、マッピングトリガーシステムだと思う。

カオスチャイルド-1

このマッピングトリガーのお陰でプレイヤーは世界観に対する推理を行いつつ、

話を整理してわかりやすくするシステムだと感じる。

先程も述べたがCHAOS;CHILDは扱っている話題の幅は狭い。しかし、一つ一つの深堀りがすごい。

事件を何度となく考察し、新たな発見に気づくという部分の整理がとてもしやすいシステムだと感じた。

ただ周回するとめんどくさいシステムなんで初回だけでいいかなと思う節もあるけど・・・

また、シナリオにしても事件の謎を追って、真実を知るという部分から外れたことをしないので

過去作のCHAOS;HEADのような難しい題材を扱うが、わかりやすいという部分は担保されていると思う。

最後に

CHAOS;HEADを面白いと思っている人は間違いなくCHAOS;CHILDをやったほうがいいと思います!

CHAOS;CHILDで らぶChu☆Chuやりたいです。

雛絵ちゃんとかうきちゃんとらぶちゅっちゅしたいんじゃあぁ^~

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


カテゴリー最新記事

スポンサードリンク

1 Response

  1. 匿名 より:

    どうでもいいことですがシュタインズゲートは妄想科学ADVではなく、
    科学ADVシリーズの想定科学ADVですよ。
    (妄想科学ADVなのに妄想要素少なくね?と思っていらっしゃるようなので一言。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。