【シンクロニカ】筐体デザイン変更される!!!??【悲報】

スポンサードリンク


バンナムから発売され6月18日稼働予定のシンクロニカですが、去年より何回かロケテストが開催されていました。

8b13456d9b9f527ed18e34f2d80e2d75

が、どうやらいつの間にか(おそらく今年の2月ぐらい)筐体デザインが一部変更されていたようです…

 

去年の筐体がこちら

synchronica-05l

 

そして現在の筐体がこちら

002

 

お分かりいただけただろうか…

ではデザイン画でもう一度見ていただこう。

去年

524135

 

今年

012

 

 

なんというかかなり質素な筐体になりましたね。

よく言えば洗練されたというべきなのでしょうか…

まず出っ張ったスピーカーが普通のものに変わりましたね。

もうひとつ、腰の部分の黒いバーがなくなりました。

これは、腰に当ててプレイヤーに振動を与えるものだったのですが(GROOVE COASTER2のフットパネルと同様の機能)どうやら不要と判断されたようです。

 

私は去年のロケテストに参加したので古いほうの筐体でプレイしたのですが、スピーカー、黒いバーともに好感触たっだために悲しいです。

スピーカーが耳元に来るので、うるさい大型のゲームセンターでもイヤホンなしでしっかりと音楽を聴きながらプレイできました。とくに打鍵感のないタッチゲーでは音楽にのれるかどうかというのは難しさに大きく関わってくるので残念です。

また黒いバーは打鍵感のないタッチーゲーの弱点を振動することで打鍵感を演出するというプレイの補助に繋がっていただけになくした理由があまりよくわかりません。

操作を完全にタッチのみに依存しているこのゲームではタブレットで出来る音ゲーとの差別化が重要だと思っているので、現状の仕様だとゲーセンでやる意味があまりないのでは…と思ってしまいます。

画面さえ大きければiPadでゲームの再現が出来てしまうのですから。

筐体デザインの変更はもうないとは思いますが、正式稼働後どういった動きを見せるかに期待したいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


カテゴリー最新記事

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。